本当は怖い投資の話

株式投資入門として決算発表前日の注意点

株式投資入門として知っておくべきことは保有している銘柄の決算日です。企業の業績がわからなければ、株が割安なのか割高なのかわかりません。また、IR情報で、売上情報や自社商品の販売数など企業によって知らせてくれます。それらの情報と決算発表を照らし合わせて、関連性を調べてみると、今後の業績予想を立てやすくなります。
株式投資入門として決算発表前日までに株価が上昇傾向である場合、決算発表で上方修正しても株価が下落することがあるので注意が必要です。
株式投資で短期的に利益を上げる投資家の中には上方修正しそうな銘柄を探し、決算発表前日までに株を保有して、予想通りに上方修正すれば、株価が上がりやすくなるので、株を売って利益を出します。
上方修正を織り込む形で多くの投資家が決算発表前日までに株を購入して株価が上昇し、決算発表で上方修正した業績よりも株価が割高になり、利益確定売りが出てしまうことで、決算発表で上方修正しても株価が下落するようなことが起きます。
株式投資入門として上方修正や下方修正の業績予想修正の発表のタイミングは各企業によって違いがあります。決算発表と同時に発表したり、決算発表前日に発表したり、決算発表の2週間前あたりに発表したりと各企業によって違いがありますが、発表のパターンは同じで、決算発表と同時に発表する企業であれば、業績予想修正の発表はいつも決算発表と同時であり、決算発表の2週間前あたりに発表することは、想定外の出来事が起きない限りはありません。
また、決算発表の2週間前あたりに業績の修正発表を行うと、決算内容がだいたいわかってしまうので、決算発表後に株価の変動があまりないことがあります。